スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
世代交代
念願かなったり

じょーん。
はれて紡織ランク9ににに。

紡織A rslt

紡織Aのトレーニング結果です。
効率だけ考えるのなら、安い革 → 細い糸 → 安いシルク → 生地1%がイチバン速そうですね。
墓地で延々とクモの糸を奪い合っていると、そーとー荒みますが。 精神衛生上の問題を考慮すると、羊ともふもふ戯れてたほうがよっぽど健康的です。

紡織9

そして次の山。
安い革 → 組紐(バイト) → シルク ですかねぇ。




茉莉「ウズラくん、コレを。」


ウズ「なんだにゅ? この紙切れ?」


茉莉「辞令だ。」


ウズ「ジレイ?」


茉莉「ウズラくん、キミを本日付で(・x・)幸運兎印 戦闘部 戦闘一課 勤務とする。」

ウズ「・・・えーと、そもそも(・x・)幸運兎印に入社した覚えがないんだにゅ?」

茉莉「そーか、それでは今まで通り安い革の保管係でいいのだな? それではこの紙切れは燃やすとしよう。」

ウズ「あ、あいや、またれよ。 オイラの出番なのかにゅ? オイラ戦っていいのかにゅ?」

茉莉「そうだ、私は戦闘スキルはみんなアントレインすることにしたから、ウズが代わりに安い革を取りに行ってくれなさい。」

ウズ「ほ、ほんとかにゅ? わかったにゅ! まかせるんだにゅ!!」


茉莉「よろしい」


ウズ「で、えーと・・・、戦闘一課ってコトはオイラ、課長さん?」


茉莉「いきなり課長なワケないっしょ、ヒラよ、ヒラ。」


ウズ「まぁ、仕方ないんだにゅ。 ちなみにねーちゃんは何課所属なんだにゅ?」

茉莉「わたし? わたしは(・x・)幸運兎印 エリン支社長だよ?」


ウズ「な、なんかズルいんだにゅ・・・」




と、ゆーコトで今度からウズラくんが戦うことになりました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。